蔵王古道

みちのく 蔵王の地に
ふたつの社殿をつなぐ、 いにしえの道
それは、忘れ去られた山伏たちの修行の道
今、半世紀の時を経て 登山ルートとして復活

蔵王古道

今から1200年ほど昔、蔵王の山は、当時「刈田嶺」「不忘山」と呼ばれ、山そのものが、神さまとして祀られていました。その後、奈良の吉野で発祥した修験道が全国に広まり平安時代の後半には、「刈田嶺」も修験の場となり、山伏たちが山頂に蔵王権現を祀ったことから、いつしかこの山は「蔵王山」と呼ばれるようになったのです 。

江戸時代中ごろから、庶民の生活が安定し余裕が生まれ旅行文化が花開き、遠刈田を出発点とし賽の碩を経て刈田山頂を目指す蔵王御山詣りが誕生したのです。

300年ほど前から続いてきた蔵王の御山詣りは、明治維新の神仏分離令によって多少のダメージを負うものの、太平洋戦争後まで盛んに続けられていました。1962年蔵王エコーライン(自動車道)が開通すると観光化が一気に進み蔵王古道は廃れていき、古道を歩く者はいなくなり、いつしかその存在すら忘れられてしまいました。

御山詣りで歩いた道は、一部エコーラインに重なり寸断されているものの、2014年に4年の歳月を掛けて、半世紀ぶりに復活することができました。

いにしえの道 蔵王古道

「蔵王大権現」を参拝する「御山詣り」。現在・過去・未来を現す景色が広がる「生まれ変わり」を象徴される道

蔵王古道

蔵王古道の歴史
蔵王古道地図
モデルコース
古道で見られる動植物

ガイドウォーク

蔵王古道の会公認ガイド「先達」が
ご案内するコースをご紹介

蔵王古道の会

宮城蔵王で、エコーライン完成後使われなくなった信仰の道「蔵王古道」を復活し、維持している団体

行事

蔵王古道の会が主催する行事

青麻古道 秋

2021年10月23日開催

秋の青麻古道

古道整備

2021年10月24日

第2回ボランティアさんと古道整備
会員はもちろん一般参加歓迎!

蔵王古道Tシャツ

2021年6月30日Tシャツ

蔵王古道Tシャツ2021販売のご案内

古道案内図

蔵王古道、青麻山登山口(青麻古道)案内図ダウンロード

蔵王古道案内図

蔵王古道案内図を3枚に分けています。
3枚ダウンロードし、印刷後つなぎ合わせてお使いください。

青麻山西面の登山道(青麻古道)

昔、蔵王信仰の始まりは青麻山からでした。
私たち蔵王古道の会は数年前から青麻山の西側を散策しながらルートを探索しました。
そして2019年本格的な整備に着手し、ついに最終の道標設置に至りました。
この整備については我々蔵王古道の会メンバーだけでなく、仙台森林管理局や蔵王町のご理解やご協力、また白石側ルート開拓には深谷牧野組合の協力もいただきましたことを感謝も含めて記します。

登山ルートの地図を用意いたしました。簡易版と詳細版があります。
詳細版は4枚に分割されていますので、貼り合わせてお使いください。
簡易版には駐車場情報も入っています。また、登山口への案内図も作成しました。